消費者金融の借入れ条件やデータというものは

ネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが

バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。