お金を貸し付けてくれる金融機関

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融のキャッシングのメリットは

なんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。