消費者金融でお金を借りる方法

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだとサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融審査ランキング

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。