消費者金融審査ってどう

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融審査と年収の関係

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。