イオン銀行住宅ローンの審査おすすめに関する注意点

数年以内に、大きな買い物ともいえるイオン銀行住宅ローンを申請したい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。

受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という期待はできません。

通過しなかったケースも多々あります。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、マイホームを購入する際には必ずイオン銀行住宅ローン審査をしなければいけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。

けれども、確認すべき注意事項がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算してどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、この場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

なぜ可能かと言うと、申請した二人が同時に返すのではなくまず親が返済をしていき、その後に子供が返す構成だからです。

こういった条件があるので長く借入れが出来るのです。

一つ勉強になったと思って、是非検討してみて下さいね。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

イオン銀行住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査を通過しないとイオン銀行住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

人気のあるイオン銀行住宅ローンを選びたいという方も多いですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。

イオン銀行住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

引用元:http://www.upshq.com/netbank/aeon-jyutaku.html

頭金が無くても購入出来る!という広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

その代わり、月々の返済額は膨らみます。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

住宅ローンを完済出来ていない状況で離婚することになった場合、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えにはそういったケースも含めイオン銀行住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。