結婚式の費用が足りない時はブライダルローンでお金を借りよう

貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など数百万円単位の大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから一般のカードローンと比べて審査のハードルはかなり高いことを覚悟しましょう。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査結果によっては保証人を求められる場合があります。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新婚旅行などの費用にも用途は認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

銀行のブライダルローンはリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使途が自由なフリーローンとなっています。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式費用だけでも相場は300万円と言われていますからまずは相場の金額で毎月の返済額や金利を含めて計算しましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円の結婚式で100万円くらいは赤字になると言われています。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、更に低金利な変動金利にすることも可能です。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

毎月の返済内容は、まず1回の返済額を決めて、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入が御祝儀で賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

既に支払い済みの場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1 050万円必要になってしまいます。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

参考:http://www.man-find.com/