ヘアケア用のシリコンって?

リンス、トリートメント、コンディショナーがあります。
その中でも、最近特に注目されている成分があります。
そのひとつに、シリコンがあります。
ノンシリコントリートメントなどの商品が出てきていますよね。
(汗)実際、ノンシリコントリートメントは急激に人気を集めていますよね。
そんなことでシリコンを必要としない人も増えていると言うことですね。
それでは、シリコンは、l本当に必要ない物なのでしょうか!?そもそもシリコンはどんな役割を担っているのでしょうか!?シャンプー、トリートメントなどがあります。
ヘアケア用化粧品に使用されるシリコンですね。
これは、医療品、家庭用品などの様々な材料に使用されています。
あの「シリコン」と同じ物と言えます。
※一般的には「シリコン」で普及しています。
※化学反応により製造された人工物です。
(笑顔)そんなシリコンのヘアケアの役割は、もっぱら髪の毛の「コーティング」と言えます。
その部分をシリコンが担っていると言います。
(笑顔)。
その一方で、それ以外の役割はありません。
シリコンを成分として使用することで、髪の毛のコーティングは行われます。
しかし、保湿やツヤ出しなどといった効果は一切ありませんよ。
あくまでも、シリコンは人工物と言うことですね。
その為、シリコン入りの化粧品を使用すると言うことは、人工物を常に頭に付着させるということになります。